【2023】社交ダンスの競技会での各級昇降級規定 | EJBDF東部日本ボールルームダンス連盟編

コンテンツ
スポンサーリンク

社交ダンスの競技会、コンペでのプロ、アマ各級の昇降級基準を説明いたします。

今回は【2023年最新】EJBDF一般社団法人東部日本ボールルームダンス連盟の各級(プロ、アマ)の各級昇降級基準を説明いたします。

2022年までコロナ禍による特別措置として、降級しないなどの特典が有りました。しかし、今年度からは以前の制度に戻り、降級が再び行われます。さらに、以前とは多少の変更もあります。以下では、プロおよびアマチュアの各級について詳しく説明いたします。昇級・降級制度に関する情報をお探しの方は、是非お読みください。

EJBDF 一般社団法人東部日本ボールルームダンス連盟 各級昇級規定

一般社団法人東部日本ボールルームダンス連盟

昇降級規定

アマチュア昇降級規定

B級→A級に昇級

  • B級競技会で決勝(1~6 位)に 2 回入賞したとき。(昇級時期:年度末)
  • B級競技会で決勝(1~6 位)に入賞し、選手権で決勝に入賞したとき、もしくは準決勝に 2回入賞したとき。(昇級時期:年度末)

A級→B級に降級

  • 選手権で準決勝に 1 回も入賞しなかったとき。(降級時期:年度末)

C級→B級に昇級

  • C級競技会で決勝(1~6 位)に入賞したとき。(昇級時期:年度末)
  • C級競技会で準決勝に 2 回入賞したとき。  (昇級時期:年度末)
  • 上位級競技会で準決勝に 1 回入賞したとき。(昇級時期:年度末)

B級→C級に降級

  • B級競技会及び上位級競技会で 1 回も最終予選の成績がおさめられなかったとき。(昇級時期:年度末)

D級→C級に昇級

  • スタンダード、D級競技会で決勝(1~6 位)に 1 回入賞したとき。(昇級時期:即日)
  • スタンダード、上位級競技会で決勝(1~6 位)に 1 回入賞したとき。(昇級時期:即日)
  • スタンダード、D級競技会で出場組数が 251 組を越える場合、準決勝に 1 回入賞したとき(昇級時期:即日)
  • ラテン、D級競技会はノービスの昇降規定に準じる。(昇級時期:即日)
  • ラテン、上位級競技会で決勝(1~6 位)に1回入賞したとき。(昇級時期:即日)
  • D級競技会で準決勝に 2 回入賞したとき。(昇級時期:年度末)
  • ラテン、上位級競技会で準決勝に 1 回入賞したとき。(昇級時期:年度末)

C級→D級に降級

  • C級競技会及び上位級競技会で一次予選を 1 回も通過しなかったとき。(降級時期:年度末)
  • C級競技会及び上位級競技会に 4 回出場しなかったとき。(降級時期:年度末)

D級→E級に降級

  • D級競技会で一次予選を 2 回通過しなかったとき。(降級時期:年度末)
  • D級競技会に 3 回出場しなかったとき。(降級時期:年度末)

E級→C級に昇級

  • E級選手がD級競技会で上記D級の昇級規定の基準を満たしたとき。(昇級時期:即日)

E級→D級に昇級

  • ノービス昇級規定に準じる。(昇級時期:即日)

D級→E級に降級

  • D級競技会で一次予選を 2 回通過しなかったとき。
  • D級競技会に 3 回出場しなかったとき。

N級→E級に昇級

  • ノービス昇級規定に準じる。(昇級時期:即日)
  • N級競技会で準決勝に 2 回入賞したとき。(昇級時期:年度末)

E級→抹消

  • E級競技会に 1 回とE級競技会及び上位級競技会の組み合わせで最低 2 回以上出場し
    ていなかったとき。(年度末)

N級→抹消

  • 2 年間継続登録を行なわなかったとき。(年度末)

特別昇級

  • C級以下の選手が自己級競技会において昇級資格を取得した上で、上位級競技会に出場し
    優秀な成績をおさめたときは理事会の審議により二階級以上昇級させる場合がある。(昇級時期:年度末)
  • ※N級選手がE級競技会で上位の成績をおさめてもD級への昇級はありません。
    なお、E級選手の昇級範囲内にN級選手が入った場合、E級選手の繰り上げ昇級はあります。

ノービス、及びアマE級昇級規定

出場組数成 績昇級組数
3組 ~ 10組1位 ~ 2位2組
11組 ~ 20組1位 ~ 3位3組
21組 ~ 30組1位 ~ 4位4組
31組 ~ 40組1位 ~ 5位5組
41組 ~ 50組1位 ~ 6位6組
51組 ~ 60組1位 ~ 7位7組
61組 ~ 70組1位 ~ 8位8組
71組 ~ 80組1位 ~ 9位9組
81組 ~ 90組1位 ~ 10位10組
91組 ~ 100組1位 ~ 11位11組
101組 ~ 240組1位 ~ 準決勝準決勝組
241組 ~1位 ~ 準々決勝準々決勝組

 上記の規定は競技参加組数であり、申し込み組数ではない。

Tufts Ballroom Competition” by liza31337 is licensed under CC BY 2.0 .

シニア競技会、グランドシニア競技会のポイント昇降級規定

シニア競技会、グランド・シニア競技会のポイント昇級規定
D級以上の昇級に必要な得点は下記の通りとする。ノービス級はアマ規定に準じる。
各級共1競技年度、昇級に必要なポイントを獲得した選手が昇級する。

B級→A級に昇級

  • 15ポイント

A級→B級に降級

  • 選手権で準決勝に 1 回も入賞しなかったとき。(降級時期:年度末)

C級→B級に昇級

  • 11ポイント

B級→C級に降級

  • B級競技会及び上位級競技会で一次予選を 2 回通過しなかったとき。(降級時期:年度末)
  • B級競技会及び上位級競技会で 1 回も最終予選の成績が収められなかったとき。(降級時期:年度末)

D級→C級に昇級

  • 8ポイント

C級→D級に降級

  • C級競技会及び上位級競技会で一次予選を 1 回も通過しなかったとき。(降級時期:年度末)
  • C級競技会及び上位級競技会に 2 回出場しなかったとき。(降級時期:年度末)

E級→抹消

  • D級競技会及び上位級競技会で一次予選を 1 回も通過しなかったとき。(降級時期:年度末)
  • D級競技会に 2 回出場しなかったとき。(降級時期:年度末)

N級→抹消

  • 2 年間継続登録を行なわなかったとき。(降級時期:年度末)

※ 出場組数に対する入賞選手の獲得点数。

出場組数1 位2 位3 位4 位5 位6 位準決勝
1-10876444 
11-20987555 
21-301198666 
31-40131097771
41-601412108883
61-80以上1614119994
        
  • 自己級及び上級競技会での得点を合計して年度末に昇級が決定される。
    獲得点数によっては即日昇級もあり。(※累積での即日昇級はありません。)
    全日本選手権の得点数は80組以上の得点とする。
  • シニア、グランド・シニア、ノービス級選手がシニア、グランド・シニアD級競技会に出場した場合の昇級。
    3~30組出場:6位入賞、31組以上出場:準決勝入賞
    上記の規定は競技参加組数であり、申し込み組数ではない。
  • シニア、グランド・シニアD級競技会で即日昇級したノービス選手→ポイント付与なし
    但し、同日行なわれるノービス・D級(S・GS)共に出場しノービス競技会で昇級し
    D級競技会でポイント付与される成績を納めた場合は、ポイント付与となる。

プロフェッショナル昇降級規定

B級→A級に昇級

  • B級競技会で前期・後期それぞれ 1~3 位に 1 回ずつ入賞したとき。(昇級時期:年度末)
  • B級競技会で決勝(1~6 位)に 2 回入賞し、上位級競技会で決勝(1~6 位)に 1 回
    入賞したとき、もしくは準決勝に 2 回入賞したとき。(昇級時期:年度末)
  • B級競技会で決勝(1~6 位)に 1 回入賞し、上位級競技会で決勝(1~6 位)に 1 回
    と準決勝に 1 回入賞したとき、もしくは上位級競技会で準決勝に 3 回入賞したと
    き。(昇級時期:年度末)

A級→B級に降級

  •  別表参考 ※印
    (原則として準決勝 2 回とする。)
    東部日本ボールルームダンス連盟の選手権の準々決勝を設ける事によって準々決勝 2 回で準決勝と同等の扱いをする。

C級→B級に昇級

  • C級競技会で 1~3 位に 1 回入賞したとき。(昇級時期:年度末)
  • C級競技会で決勝(1~6 位)に 1 回入賞し、C級競技会で準決勝に 1 回入賞したとき、もしくは上位級競技会で準決勝に 1 回入賞したとき。(昇級時期:年度末)
  • 上位級競技会で決勝(1~6 位)に 1 回入賞したとき。(昇級時期:年度末)

B級→C級に降級

  • B級競技会及び上位級競技会で 1 回も最終予選の成績がおさめられなかったとき。

D級→C級に昇級

  • D級競技会で 1 位に 1 回入賞したとき。 (昇級時期:即日)
  • D級競技会で 6 位以上に 2 回入賞したとき。(昇級時期:年度末)
  •  上級競技会で 6 位以上に入賞したとき。(昇級時期:年度末)
  • D級競技会で準決勝以上に 3 回入賞した上で、その中の 1 回が6 位以上のとき、もしくは準決勝に 4 回入賞したとき。(昇級時期:年度末)
  • D級競技会で準決勝以上に入賞した上で、上位競技会で準決勝以上に入賞したとき。 (昇級時期:年度末)

C級→D級に降級

  • C級競技会で 1 回も最終予選の成績がおさめられなかったとき。
  • C級競技会で一次予選を 2 回通過しなかったとき。
  • 上位級競技会で一次予選を 1 回も通過しなかったとき。

N級→D級に昇級

  • ノービス昇級規定に準じる。

D級→抹消

  • D級競技会に 1 回出場しなかったとき。

N級→抹消

  • 2 年間継続登録を行なわなかったとき。

全日本選抜選手権は決勝、準決勝は単科競技なので総合成績でポイントを決める。
ムーアカップは単科で降級規定に係かかわっているので上位の成績をポイントとする。

A級保持ポイント表

  • 競技年度におけるA級保持ポイントの合計37点

別表降級規定

  • 1競技年度において獲得ポイントが別紙のA級保持ポイント37点に満たない
    場合は降級対象となる。
  • A級が東部日本選手権・東京選手権・全関東選手権のどれかの選手権に一度も
    出場しなかった場合は降級となる。(SA級は免除)

A級 ポイント表

 全日本選抜日本インターJBDFカップ全日本東京選手権全国国民ジャパンT東部日本全関東ムーア全神奈川
決 勝35P35P35P19P17P19P19P19P17P17P
準 決 勝20P20P20P
準々決勝17P17P17P8PX8P8P8P3P8P
最終予選5P5P5P4PX4P4P4P3P3P

表の引用元:一般社団法人日本ボールダンス連盟 昇降級規定

昇降級補足事項

  • プロフェッショナル・アマチュア共、A級選手は 1 競技年度内で本法人主催の選手権、(東
    部日本ダンス選手権、東京ダンス選手権[※ダンスグランプリを含む]、全関東ダンス選手権)
    の何れかの競技会に 1 度も出場していない場合、全日本選抜選手権・日本インターナショナル
    選手権・JBDFダンス選手権・全日本アマチュアダンス選手権の成績は除外するものとする。
  • 全ての選手権及びB級競技会において、出場選手が84組以上で、ラウンド数が6ラウンドとなった場合は、1予選・2予選・3予選(最終予選)・準々決勝・準決勝・決勝とする。
  • (プロフェッショナル競技会のみ)但しエントリー締め切り時点で84組以上の場合は若干の欠場があっても進行予定表を制作する関係で上記の規定で進行する。(平成28年9月29日 理事会承認により改正)
  • 全日本選抜選手権・日本インターナショナル選手権・JBDFプロフェッショナル選手権、東京ダンスグランプリ(大会要項に明記された場合に限る)の準々決勝は他選手権の準決勝と同等の扱いとする。(プロフェッショナル競技会のみ)
  • 公認競技会における競技中に生じた不測の事故傷害で競技出場が不可能となり公傷と認めた場合は、降級規定の適用を受けないものとする。
  •  ジャパントロフィーは昇降級の適用を受ける競技会とする。
  • 全国国民プロフェッショナル選手権及び全国国民アマチュア選手権(大会要項に明記された場合に限る)、神奈川選手権は降級規定の適用を受ける競技会とする。
  • 関東甲信越ダンス選手権大会、並びに東北オープンダンス選手権大会は、プロフェッショナルB級以下の降級対象、及び東部日本登録アマチュアA級選手以下の降級対象競技会とする。令和元年 11 月 28 日理事会承認・2020 年度より実施)ブロック登録選手はブロックのアマチュア競技規定を適用する。
  • 沖縄ダンス選手権大会は、プロフェッショナルB級以下の降級対象、及び東部日本登録アマチュアA級選手以下の降級対象、並びにプロ・アマ共通のD級選手の出場カウント競技会とする。(令和元年 11 月 28 日理事会承認・2020 年度より実施)ブロック登録選手はブロックのアマチュア競技規定を適用する。
  • NATD主催のムーアカップ、スタンダード選手権・ラテン選手権(共にA級単科競技会)は降級規定、NATD杯はC級の降級規定の適用を受ける競技会とする。

無料画像 : 聴衆, パフォーマンスアート, イベント, エンターテインメント, 舞台芸術, チームスポーツ, ミュージカルシアター, ダンスポート, 社交ダンス, ラテンダンス 3072x2048 - - 103677 - 無料写真- PxHere
ダウンロード 無料画像 : 聴衆, パフォーマンスアート, イベント, エンターテインメント, 舞台芸術, チームスポーツ, ミュージカルシアター, ダンスポート, 社交ダンス, ラテンダンス 3072x2048,103677

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

アマチュア東部は、関東甲信越ブロックの競技会にも出場することが出来ます。ランクもリンクしており東部の1ランク上(東部D級→関東甲信越C級)になります。関東甲信越ブロックは東部の競技会よりレベルが低く、比較的楽です。競技会会場が東部の東京、神奈川より不便な場所が多いようですが持ち級維持するには挑戦する価値は有ると思います。

上位の級では、神奈川選手権が維持しやすいと言われています。ラウンド数が少なかったり、フリーパスの予選が有ったりでうまく行けば一度予選を通れば維持できるかもしれません。

プロフェショナルの場合は神奈川選手権が維持が比較的容易と言われます(アマと同じ)。もう一つ11月に行われる全沖縄ダンス選手権大会です、出場すれば維持が保証されると言われています。

プロフェッショナル、アマチュアのEJBDF競技者の皆様にとって有益な情報を提供することを目指しております。

関東甲信越ブロックの競技会や神奈川選手権、全沖縄ダンス選手権大会に関する情報をお伝えすることで、皆様のランク維持や競技のサポートをさせていただきます。

素晴らしい成果をお手に入れてください。

今回の動画

 

引用元:Dusan Dragovic – Valeria Dragovic, ENG | The Open 2022 Blackpool | Pro STD – Final Marius Mutin

引用元:The Blackpool Open 2023 | Semi Final | World Championship Professional Latin WDO  DANCE SPORT ONLine

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました